0から3歳児

辛い夜泣き、忍耐の日々は子供の成長によってゆるやかに変わっていくものです

育児の悩みは尽きないものですよね。
わからないことは育児経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「毎日続く夜泣き」についてのあなたの対処法を教えてください

本当に辛い時期ですが、泣き止ませる特効薬は多分ないんです。
生活サイクルと整える、外遊びで疲れさせる、絵本を読んでルーティンをつくるなど、色々言われますが、どんなに親が頑張っても夜泣きする時はします。
ただ、子供は1日1日成長しています。
いつか終わると信じて、とにかく耐えるに尽きます。
そのためには、ママ(パパ)が元気でなくてはいけません。
隙間を見つけて休むこと!5分でも横になる時間があると違います。
子供が寝たら自分も横になる。
それからしっかり食べること!育児家事に追われていると自分のことがおざなりになりがちですが、風呂は諦めても食事は何でもいいのでしっかり摂りましょう。
座る時間がなければ、おにぎり、サンドイッチ、パンなど片手で食べられるものを用意しておく。
ドライブに出ると寝る子もいますが、帰宅すると起きるということもよくあるので、寝不足で自分が辛いのならおすすめしません。
ゆっくりと夜泣きが減ったり増えたりしながら、気が付いたら最近泣かないね、というようになりますよ。

「どうしてもオムツからうんちが漏れてしまう」についてのあなたの対処法を教えてください

まず試したのはオムツのサイズを変えること。
同じサイズのおむつでも、メーカーによって大きさがけっこう違います。
漏れるということはフィットしていないということなので、小さめのメーカーに変えると漏れなくなりました。
子供はどんどん育つので、おしっこやうんち漏れの頻度が上がったらサイズの変えどきかもしれません。
テープ式は赤ちゃんが動き回るとずれやすくなります。
足を押さえて素早くピッタリ体に合わせて止める、というのが難しくなってきたらパンツタイプに変えた方がいいかもしれません。
いろいろサイズを工夫しても後ろが漏れるようなら、背中側に柔らかいティシュをはさむのも良かったです。
ただ、いずれにしてもうんち後はすぐにオムツ替えをするということが一番の対処法かもしれません。
動けば動くほど被害が増えるので。

「離乳食や幼児食をひっくり返す」についてのあなたの対処法を教えてください

離乳食のときは、片手に手掴みさせる野菜を渡していました。
柔らかくゆでたにんじんや大根はよく作りました。
もう片方の手にはスプーンを握らせて、両手を塞いでました。
スプーンぶん投げて皿に手を出したら速攻で押さえるか手の届かない場所へ移動させました。
あまりに遊んで食べないようなら、おしまいにした方が良いです。
粘って食べさせてもお互いイライラしてしまうので。
せっかく作ったのにー!という気持ちが高まってしまったら、ベビーフードを使いましょう。
一人目の子供だと手作りにこだわったり、食べさせる量だったり、本当に神経質になってしまいがちですが、時には休むことも必要です。
食べない時は無理しても食べないです。
あと一口二口食べたところで、少し食べたという自己満足にしかなりません。
かかった時間と労力にぐったりしてしまうはずです。
疲れを感じたらベビーフードでいいんです。
気が散りがちになるので、食事の時間は部屋のおもちゃは片付けていました。
1箇所にまとめて布をかけておいたり、見えないようにすると少し集中できたように思います。

-0から3歳児