4から6歳児

子どもの失敗を決して責めない。
子どもはいつでも親の愛を求めている

育児の悩みは尽きないものですよね。
わからないことは育児経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「朝、保育園の行く時間ギリギリまで寝ていて起きない」についてのあなたの対処法を教えてください

朝の時間はあっという間に経ってしまうもので、登園準備になるべく時間はかけたくないものです。
朝起こしても起こしてもなかなか起きないと言う場合には、朝する準備は最低限にしておくのが1番かと思います。
前の日の晩に準備できるものは準備してしまって、就寝します。
子どもにできるだけ自分の準備はして欲しいので、朝慌てている時に促してもスムーズにいかないと予想される時には、前日にできるよう一緒に取り組みます。
そうは言っても、早めに起こすのが良いかと思うので、目覚まし時計をセットします。
大人用のものでも良いし、我が家ではキャラクターの声で鳴る目覚ましをセットしています。
目覚めの良くない子でも、聞き慣れたキャラクターの声の目覚ましなら目覚めも悪くないのではないでしょうか。

「集中してご飯を食べてくれず、あちこち動き回り食べ終わるのに1時間以上かかる」についてのあなたの対処法を教えてください

まずは集中して食事ができる環境をつくります。
テレビや音楽は消す、視界におもちゃなどをおかない。
床や畳に座らせるのではなく椅子に座らせる。
色々な家庭環境があると思うので一概には言えませんが、環境を整えることで食事に集中できるようになると思います。
また食事の量も少なめに盛ることから、完食までの時間を短くする方法もあります。
完食できることで親も子も満足感を味わえ、また食べたければおかわりするし、満足すればそのまま食事を終えられます。
あちこち動き回ってしまうこの場合には、動きまわり始めたら食事の時間はもう終了するという流れにします。
または子どもが空腹ならば一気に食べてしまうだろうから、運動量や食事する時間にも着目すると、食事に良いタイミングがわかるかもしれません。

「来年小学生になる息子が未だにトイレを失敗」についてのあなたの対処法を教えてください

トイレを失敗することは悪いことではありません。
もう小学生になるのに心配になるのは当然ですが、責めてしまっては余計に気持ち的に不安になると思います。
こちらからこまめにトイレに誘う声かけをするのはもちろん、少しでもしたくなったら早めにトイレに行くという気持ち、習慣を子ども自身につけることです。
出かける前には必ずトイレにいく、出なくても座る。
そのほかにも、気持ちの面で何か感じているから…と言うことも考えられますので、子ども自身に最近何か変化があったかどうか考えます。
何か心配ごとがあるか、寂しい気持ちになっていないか、大人に関心を示して欲しいと思っていないか、子どもの気持ちになって寄り添い、気にかけてあげることで情緒の面でも安心し、トイレを失敗することも減るかもしれません。

-4から6歳児