小学校低学年

やりたい!と思わせたら勝ち。片付けをしない子どもが片付けをしたくなる方法。

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「何度叱っても、部屋の片付けをしない」についてのあなたの対処法を教えてください

子どもが部屋の片づけをしないことは日常茶飯事です。
片付けしてね~に対して返事はいいものの一向に片付けが進まないことはよくあることだと思います。
こちらの機嫌がよくないときには叱ってしまうこともあります。
しかし、叱ろうが叱るまいが、片付けをするかしないかには一切関係がないのです。
片づけたいなら片づけるし、片づけたくなければいつまでたっても片づけません。
ということで、本人が片づけたくなるように仕向けるのが一番であると悟りました。
いくつか試しましたが、一番効果があったのは、片づけ隊長に任命して家族全員が彼女の命令には従い協力する、というものです。
100%うまくいくわけではないですが、本人がやりたくなるようにする工夫で、お互い楽しくできることが多いです。

「言葉遣いが悪く、注意の仕方がわからない」についてのあなたの対処法を教えてください

小学校2年生から言葉遣いが悪くなってきました。
幼稚園、小学校1年時ともに周囲には言葉遣いの悪い子もいましたが、本人に影響はなかったようです。
単純に仲良くしている子たちの言葉遣いがうつってしまうと思うので、年齢を重ねていけば仕方ないことだと割り切っています。
ただし、我が家では他人を傷つけるような言葉に関してはきつく注意するようにしています。
気を付けているのは、ダメ!悪い!ではなく、その言葉は嫌いだ、と伝えることです。
加えて、嫌いである理由を子どもでもわかるように説明しています。
しっかり筋が通っていて、カンタンな表現や例えを使うことで、子どもながらに理解してくれているように感じます。
そのためか多少言葉遣いは悪くとも、冗談でしか使わない、とか他人を責めるためには使わない、という習慣になっていると感じています。
子どもも気づいたら親の言葉を注意していね、という監視役を任せたところ、指摘されることが増えてきましたww

「とにかく落ち着きがない、じっと出来ない」についてのあなたの対処法を教えてください

落ち着きがなかったり、じっとしていられないことも、子どもであれば当然です。
むしろ大人でも人の話を最後まで黙って聞いていられない人が多いので、人間だれしもあてはまることです。
なので、それが当たり前だと考えること、悪いことだと考えないことを意識しています。
とはいえ、こちらも人間なので、今はじっとしてて!と思う場面に騒がれるとイラっとしてしまいます。
当然叱ったりすることもありますが、なるべく『いつまで』と『なぜ』を明確に指定してじっとしていてくれるようにお願いをしています。
何時まで、○○が終わるまで、じっとしていないと○○して危ないから、など子どもでも理解できるところまで分解してお願いするようにしています。
期限と理由を伝えてお願いすることで、じっとしてくれる確率はだいぶ上がったと思います。
これも100%ではありませんが、効果はあるはずです。

-小学校低学年