小学校高学年

子どもは褒めて褒めて褒めまくる!でも、時には失敗する経験も必要です。

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「成績が上がらない。とくに算数が苦手」についてのあなたの対処法を教えてください

学期末の面談の時に、担任に「算数が苦手なようです」と言われ、私も苦手ですって答えたら「お母さんも勉強してください」って言われました。
教科書を一緒に見たり文章を読んだりしました。
とにかく一緒にやってみる。
「苦手なきもちわかる~」「そうだよね」「めんどくさいよね」など、とにかく子どもの気持ちに共感する。
その上で一緒にやってみる。
できたらとにかく褒める。
子どもが自分でできた所は、どうやって解けたのか教えて(説明)してもらう。
そうすることで、子ども自身の復習にもなると思います。
成績全体はできるところを褒めて、できないところは何で苦手なのかを一緒に考えて、どうしたらいいのかを話していきました。
達成感を味わえる工夫は必要です。

「ゲームの時間が守れずだらだらとゲームをし続ける」についてのあなたの対処法を教えてください

約束を守れるのであれば決められた時間をオーバーすることはなく、しっかりとできるのだと思います。
さまざまな事に興味があることは良いことだと思うので否定はしません。
やりたいことを認めていきます。
その上で必要な事も知らせていきました。
ゲームだけでは自分が困ることになると。
宿題ややらなければならないことはしっかりと終わらせること。
それが出来たらゲームを解禁します。
私はゲーム自体が悪い影響を与えるとは考えていないので、とにかく「ゲームしてもいい」「そのためには約束は守れ」と繰り返し言い聞かせました。
ゲームを隠したこともありますが、なかなか効果はなかったかなと思います。
ゲーム以外の興味の持てるものを見つけられるように、情報を与えてみたりもしました。

「宿題や忘れ物、手紙などに関して嘘をつく」についてのあなたの対処法を教えてください

基本、毎日「手紙ない?宿題は?持ち物は?」と夜に声をかけていました。
そのうえで、手紙や宿題については、ママ友とやり取りをこまめにするようにしました。
宿題や忘れ物は子ども本人が困ることですが、手紙は学校の情報が満載。
ないと困るのでママ友に「手紙が来たら教えて」って頼んでおきました。
そしてきちんと確認が取れたら、子どもに「こんな手紙来てない?」と話を振り思い出せるように促しました。
忘れ物については「夜のうちに学校に行く準備をする」。
これにつきます。
時々、急に言われても用意できないものもありますが、それは仕方がない。
子ども自身も困ることを経験するのは大事な事だと思います。
代用できるもののヒントは与えますが、子ども自身が考えられるようにしました。

-小学校高学年