小学校高学年

「算数の苦手は基礎の克服から~10はいくつといくつ?九九は大丈夫?~」

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「成績が上がらない。とくに算数が苦手」についてのあなたの対処法を教えてください

公文式教室のやり方を真似しました。
というか、通わせていました。
とにかくわかるやさしい問題をたくさんさせて、自信をつけさせることです。
どこでつまづいているか、見つけてあげて、そこを克服させることが大事です。
10の分け方ができているか(1と9、2と8といった組み合わせがわかっているかは基本です。
足し算や引き算できなければ、かけ算も難しいです)、かけ算の九九をわかっているか(すべてを覚えていることは必須なので、できていなければ必ず覚えさせることで、割り算も分かるようになります)といった基本を徹底的に学習します。
あとは、文章問題の言葉の理解が必要になります。
言葉をよく読んで、何を言っているのかわからなければ、式を書くことができません。
言葉が苦手なお子さんなら、言葉への関心が持てるよう、「しりとり」「漢字の成り立ち」など面白いと思ってもらえる要素を一緒に学ぶことをおすすめします。

「ゲームの時間が守れずだらだらとゲームをし続ける」についてのあなたの対処法を教えてください

タイミングを見て、ゲームをしていないときに「将来について」「どんな夢を持ってる」とか、「友達とはうまく行ってるか」「学校はどうか」という話をするようにします。
ゲームの楽しさも話題にします。
普段から会話することが一番ではないかと思っています。
こちらがどれだけ「ゲームするな」と言っても、ゲームを与えたのは結局は親です。
ゲームより大切なことを、たくさんわかっていてもらいたいので、食事のときの会話や普段の言葉かけが大切ではないかと思います。
私の子どもの場合は、習い事をさせました。
ゲーム以外に趣味を持たせることはよいことです。
男の子で、囲碁教室に通わせました。
興味を持っていることはどんどんさせたらいいと思います。
今は社会人になりましたが、ゲーム好きは変わっておらず、プレステをやっている姿を見ます。
ですが、囲碁も趣味でやるようです。
ゲームだけにならないよう興味を広げることがよいと思います。
ちなみに、中学ではバスケット、高校では水球をやっていました。
大学では、囲碁教室でアルバイトをし、社会人になってからは、プールに通うなどしていますよ。

「宿題や忘れ物、手紙などに関して嘘をつく」についてのあなたの対処法を教えてください

その件で嘘をつかれたことはないと思うので参考の経験話が書けませんが、我が子は忘れ物はよくしました。
私が学校に持っていくこともよくありました。
忘れ物は親の責任と思っていましたから、恥ずかしいなと思うのは子供よりは、私自身だったと思います。
提出物には極力気をつけていましたが、仕事をしていましたので、気づかずに失敗したこともたくさんあります。
写真の申し込みが遅れて、展示しているものを特別にいただいてしまったり、助けてもらったこともありました。
子供が恥ずかしい思いをしないようにと思って、忘れ物に関しては、一生懸命協力していたと思います。
忘れ物をしないために、子供とよく話し合いもしました。
「整理整頓をできるだけしよう」ということが大切なことだと思っています。

-小学校高学年