小学校高学年

「子どものゲームはルールを決めて親はしっかりペナルティを実行する!」

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「成績が上がらない。とくに算数が苦手」についてのあなたの対処法を教えてください

いつから成績が上がらなくなったのか、思い出しましょう。
高学年になっていきなり成績が下がりましたか?それとも、中学年のころから徐々に成績が下がっていましたか?もし高学年になっていきなり成績が下がった場合は、担任とお子さんとの相性に問題があるかもしれません。
お子さんが担任と相性が悪く、担任のことを嫌っています。
きっとお子さんは、嫌いな先生の授業をまじめにうける気持ちにならず授業中は注意散漫になっています。
なので授業を理解できず、成績が下がっています。
担任とお子さんの相性に問題がなく成績が下がっている場合は、担任の教え方に問題があるかもしれません。
こうなるとお子さんが一生懸命に授業をうけていても、成績は一向に上がりません。
相性の問題、担任の指導力の問題どちらの場合も、親の対応としては一つ。
家庭で基礎学力がつくサポートをしましょう。
市販のドリルや問題集・通信教材を活用します。
中学年から徐々に成績が下がっているお子さんには、まずは本人が100%解けるレベルの問題集をつかって復習をさせましょう。
「3年生の算数でつまづいているならば、2年生の3学期からスタートさせる」このようにしましょう。
算数は特に積み上げの教科なので、思い切って2?3学年の下の問題集からはじめるのがおすすめです!

「ゲームの時間が守れずだらだらとゲームをし続ける」についてのあなたの対処法を教えてください

まずは親子でルールを決めましょう。
このときのポイントは、ルールを守れなかったときのペナルティもしっかり決めることです。
【具体例】ルール ①ゲーム時間:一日30分 ②夜8時以降はしない ③宿題を終わらせてから  ペナルティ①約束を守れなかったら、ゲームを1週間禁止 など一番大事なことは、親がしっかりとペナルティを実行すること!もし「今回だけは特別にペナルティはなしね」なんてことを言った場合、子どもはどう思うでしょうか?きっと「この親はルールを破っても、怒らない。
じゃあルールなんて守らなくてもいいじゃん!」と考えます。
こうなると、もう子どもはルールは守りません。
子どもにきちんとゲーム時間を守ってほしいなら、親もペナルティを与えるというルールをしっかり守りましょう。

「宿題や忘れ物、手紙などに関して嘘をつく」についてのあなたの対処法を教えてください

子どもが嘘をつかないといけない状態になっていることを真剣に受け止めましょう。
1?2回の嘘ならば、自分をとりつくろうために出た咄嗟の嘘でしょう。
なので親も気にしなくて大丈夫ですよ。
しかし日常的に嘘をつく場合は、子どもの心に「嘘をついてまで親に隠したいことがある」可能性があります。
高学年になると思春期にはいっているので、親があれこれ詮索するのはむずかしいです。
なので、宿題や忘れ物・手紙に関して親が注意することを一切やめましょう。
そしてそれ以外の日常の雑談をたくさんしてあげましょう。
例えば子どもの好きなゲームや学校で流行っていることなどです。
子どもと意識的にコミュニケーションをとるようにするのです。
そうすると、子どもの心が満たされます。
親との関係が良くなると、お子さんも親に嘘をつく必要がなくなりますよね。
嘘をつくことには触れず、子どもと雑談を楽しむ。
これだけで大丈夫ですよ。

-小学校高学年