中学校

反抗期は誰もが通る当たり前のトンネル。じっと通り過ぎるのを静かに見守りましょう。

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「反抗期が始まり、意志の疎通を拒絶されてしまい何を考えているかわからない」についてのあなたの対処法を教えてください

相手の反応がどうであれ毎日、挨拶をしたり行ってらっしゃいやお帰りは必ず言うようにしていました。
うちはそんなに拒絶するようなことはなかったのですが口数はかなり減りました。
逆に話しかけすぎると本人のことを腫れ物に触るように扱っていると思われるのではないでしょうか。
同性同士なら話すかと思っても実際にはそんなことはなく男の子でしたが父親とは当時とても相性が合わず全く口を聞いていなかったと思います。
反抗期とは自分自身を見つめまた親や周囲との社会関係を意識させるもので社会に出る前には必ず通らなかればいけないことだと思います。
焦らずゆっくり普通を逆に意識して接することが大事ではないかと思います。
好きな食べ物を作ることも話にきっかけになったりします。

「スマホばかり見て勉強をしない」についてのあなたの対処法を教えてください

スマートフォンは使って当たり前との方針。
スマートフォンの使用を制限するのではなく学習ややらなけらばいけないことをすればしても良いことにしていました。
また、家事の一端も担ってもらっていました。
ゴミ捨てや風呂洗いなどは本人の仕事にしていました。
さりげなく今どんなことが流行っているかなど本人に話を聞いてみたりもしました。
何を話すにもスマフォを見ながらということもありました。
ただ、食事の際にはスマートフォンを見ながらすることはやめるように促すとそれはしなくなりました。
あと1日のスケジュールを大まかに本人に立てさせ特に平日は帰宅後、どのように過ごすにか考え行動するように話をしました。
すると帰宅後1から2時間はスマートフォンで何か見ていてもその後は勉強するようになりました。

「朝起きれないでよく遅刻する」についてのあなたの対処法を教えてください

私も毎日のように朝起きれないから早く寝なさいと本人に言っていたのを覚えています。
でもいくら同じことを言っても本人は聞く耳を持ちません。
結局、遅刻して母親の私が学校まで車で送って行ったことも何度もあります。
今になって思うのですが朝起きれなくて遅刻するという体験を実際は持たせたほうが良かったのかもしれません。
遅刻しないように親の方が敏感になり車で送っていくというどう考えてもおかしなことだったと思うからです。
遅刻したら学校では理由を聞かれると思います。
そうすれば本人にとっても恥ずかしいことだという記憶が残り今度は遅刻しないように早く用意しようとか準備をしようという教訓になったのではないかと思うからです。

-中学校