中学校

子供は頑張れば出来そうな事でいい事があるとわかれば死に物狂いで努力する。

子育ての悩みは尽きないものですよね。
わからないことは経験者にどんどん聞いちゃいましょう。
当サイトでは育児に関してよくあるお悩みをアンケートで募集し回答を聞いています。
ぜひ参考にしてくださいね。

「反抗期が始まり、意志の疎通を拒絶されてしまい何を考えているかわからない」についてのあなたの対処法を教えてください

反抗期というものがいつから始まるのかという明確な定義はありません。
小学生の時は何を言っても言うことを聞いてくれた、言うことを聞かせる事ができたと言う事が根底にあるような気がします。
この時に思い出して欲しいのが自分はどうであったかという事です。
自分も反抗していなかったですか、めんどくさいなと思っていませんでしたか。
自分の事は都合よく忘れてしまうのが人間なんです。
何を考えているかわからないというのは、親よりも友達や自分の好きな事が見つかってきて新しいステージに入ったことを意味します。
ここから先は間違った方向にいかないか見守って、自分は喋り続ければいいのです。
親側の目線で考えるからダメで、子供の世界観を知る事が大事だと思います。

「スマホばかり見て勉強をしない」についてのあなたの対処法を教えてください

これって自分も当てはまりませんか。
自分は暇な時にすごく見ているのに、子供が見ているのはダメでは筋が通らないからです。
わからない人もいるかもしれませんが、子供は大人の行動をものすごくチェックしています。
中学生ぐらいになれば自分の家がどんな家なのかよくわかってきます。
そこで家に何か絶望したり格差みたいなものも感じてくるのです。
スマホは便利で見ている事が全て悪い事とは限りません。
ある意味反抗期でしゃべってくれないと悩んでいるなら、喋るきっかけとしてスマホはいい材料になる場合もあります。
もしかすると調べ物かもしれないし、人脈を広げているのかもしれません。
勉強をしないのがなぜよくないのか、きちんと説明できないならスマホを有意義に使うやり方を教えた方が上手くいきますよう

「朝起きれないでよく遅刻する」についてのあなたの対処法を教えてください

これは難しいですね。
子供が学校で何を言われても動じないタイプなら気にする事はないと思いますが、気にするなら原因を探る必要があります。
これは餌で釣るのがいいかもしれないです。
例えば遅刻しないなら好きなものを買ってあげるとか、禁止事項を無くしてあげるとか政治でよく使う手法を取り入れるといいかもしれません。
よくいい成績を取ったら褒美があるという方式もあるのですが、これは取れなかった時に本当に褒美がなければ嫌ですしダメだったのに与えてしまえばナメられてしまう可能性もあります。
朝起きるというのは出来なかった人には一大イベントですから、出来て当然のように接すると本人はふてくされてしまいます。
頑張れば出来そうというラインで交渉する事で子供のやる気は変わってくると思います。

-中学校